総合

所作を確かめ真剣に - 大神神社で神楽舞講習会

講習会の参加者全員で練習した浦安の舞=桜井市三輪の大神神社 拡大

 桜井市三輪の大神神社でこのほど、神楽舞の講習会が開かれた。

 春に入社した見習いみこは、この講習で「見習い」がとれて「みこ」となる。毎年4月に行われるが、今年は新型コロナウイルスの影響で延期した。

 講習会は神社音楽協会の先崎徑子会長を講師に4日間開かれ、「浦安の舞」のほか、同神社に伝わる「うま酒みわの舞」「奇魂(くしたま)の舞」など5曲を練習した。

 最終日は新人を含めて10人が参加。サカキや神楽鈴、扇など、曲に合わせた持ち物や手の動きを確認した。午後は講習会の修了奉告会が営まれ、4日間の練習成果を披露した。

 新人みこの原田千優さん(23)は「細かい所作が難しいが、神様にお供えするので全力でやりたい」と話し、同じく新人みこの立松なるみさん(22)も「古いしきたりの舞を次世代につなぐため、丁寧に舞っていきたい」と話した。

 

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

上野耕平サクソフォンコンサート招待券

上野耕平
提供元:学園前ホール
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介