社会

保健所の体制強化 - 新型コロナ知事方針 外部人材も活用/県会代表・一般質問

 県議会の9月定例会は16日、本会議を再開し、大国正博氏(公明党)が代表質問をしたのに続き、川口正志(創生奈良)、植村佳史(自由民主党)、小林誠(日本維新の会)の3氏が一般質問を行った。新型コロナウイルス対策について荒井正吾知事は、保健所の機能強化を進めるとともに、感染者数の変化に対応できるよう外部人材も活用すると説明。併せて相談から検査、治療に至る医療体制の充実に取り組む姿勢を示した。またコロナ時代の課題に対応した新しい政策構想「奈良新『都』づくり戦略2020・9」を今月中に取りまとめる考えを明らかにした。

 大国氏は、季節性インフルエンザの流行期を控え、新型コロナへの対応との両立で保健所業務の多忙化が懸念されると指摘。荒井知事も「インフルエンザ流行期に備えて保健所の体制強化が重要」とし、保健師や事務職員を新たに確保するとともに、患者の増減に柔軟に対応するため外部人材を活用すると答えた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介