社会

県内期待と緊張感 - 解散にらむ各党/「菅内閣」発足

 菅総理誕生で動き出した新政権―。自民党の菅義偉総裁が16日招集の臨時国会で第99代総理に指名され、発足した新内閣。新型コロナウイルス感染拡大や経済再生など、幾つもの課題を抱えた新政権には、早期の解散総選挙もちらつく。「仕事師内閣」と称される菅政権発足の動きに合わせ、野党も新党結成の動きを強めており、与野党対決の日は近いと県内各政党も緊張感を高めている。

 自民党県連(奥野信亮会長)は同日、荻田義雄幹事長が「菅総理の誕生は、新型コロナウイルスによって引き起こされた現状の打破と、ポストコロナ社会づくりへの大きな一歩になる」とのコメントを発表した。新総理が進めようとする行政改革路線の推進、実務派としての手腕発揮への期待を示し、行革・規制改革担当相への河野太郎氏の起用をはじめ、田村憲久厚生労働相、西村康稔経済再生相など強力な布陣と評価した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介