社会

発熱外来を開設 - 9月28日から PCR検査や診察/奈良市

発熱外来について説明する仲川市長(左)と国分会長=奈良市二条大路南1の市役所
 奈良市は7日までに、新型コロナウイルス感染症対策で、同市柏木町の市休日夜間応急診療所の隣接地で整備を進めていた発熱外来を、28日に開設すると発表した。市医師会(国分清和会長)に運営を委託。新型コロナウイルスへの感染が疑われる患者を予約制で受け付け、PCR検体採取を行い、診察も行う。秋以降インフルエンザ患者の増加が予想される中、発熱などの患者への対応など、混乱が続く市内の医院、診療所の負担軽減にもつながりそうだ。市によれば、医師会が運営する発熱外来は県内では初めてという。

 仲川元庸市長と国分市医師会長が会見。発熱外来は院内感染による医療崩壊を防ぐため、医療機関の建物と離れた場所に設置した。施設はプレハブ型感染外来ユニットで、建築面積は約70平方メートル。患者との会話は受け付け、診察とも基本的にインターホンを使用する。診察の際は、医師はアクリルガラス越しに患者を診るなどして感染リスクを低減させる。…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ