社会

被災状況把握へ訓練 - 大規模地震想定、無線機で/天理市

市災害対策本部と区長会長などが無線機で災害情報をやり取りした=2日、天理市役所 拡大

 天理市は2日、同市川原城町の市役所などで、地震で通信網が途絶した場合を想定し、携帯型防災行政無線機を使って区長会長や消防団と通信し、市内の被災状況を把握する訓練を実施した。無線機を昨年度に配備し、初めての訓練となった。

 訓練は大規模地震が発生し、市内で震度6弱の揺れを観測した想定で実施。市役所に設置された災害対策本部と、9校区の公民館、東部山間地域の区長9人、6消防分団長が無線機で情報のやり取りをしながら、火災や土砂災害など各地の状況を確認した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

エコバッグ

プレゼント写真
提供元:日本豆乳協会
当選者数:120人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介