社会

夫支えた「内面」探る - 奈良で五代友厚の妻・豊子フォーラム

五代豊子について語り合うパネリスト=1日、奈良市三条大路1の県コンベンションセンター 拡大

 明治維新後の大阪経済を支えた五代友厚の妻、五代豊子(田原本町出身)の生きざまに迫る「明治の強き女性・五代豊子フォーラムVOL・2~そこに真の豊かさはあるのか」(奈良新聞社主催、田原本町後援、五代友厚プロジェクト協力)が1日、奈良市三条大路1丁目の県コンベンションセンターで開かれた。昨年3月に開催したフォーラムをさらに深め、子育てや家事など経済指標には表れない働きで友厚の活躍を支えた豊子の内面に思いをはせた。

 第1部は「時代が欲した五代友厚とその時代背景」と題し吉満庄司・鹿児島県立開陽高校教頭が基調講演。吉満氏は「友厚は民間主導の経済体制を目指し、日本に資本主義社会システムを構築した」と述べた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

福田眉仙展の招待券

「富士五湖」絹本着色(六曲一双屏風)1936(昭和11)年 姫路市立美術館蔵
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介