社会

コロナ禍 余儀なく帰国、自宅待機 - 現在 オンラインで打ち合わせ/マダガスカルで稲作指導

マダガスカルのスタッフらとのオンラインで会議を行う羽原さん=斑鳩町龍田西6の自宅 拡大

 現在、世界中でJICA(国際協力機構)のプロジェクトに従事する日本人の専門家が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で一時帰国し国内待機となっている。アフリカ・マダガスカル共和国で稲作増産支援プロジェクトに取り組んでいる5人の日本人専門家の中の1人、羽原隆造さん(45)=斑鳩町龍田西6丁目=も4月末から一時帰国を余儀なくされている。

 同国は日本の1・6倍の国土に、約2700万人の人口を持つ。約5万人の稲作農家を約1600人の農業改良普及員が指導。その普及員を統括する約200~300人の農業省職員を指導するのが羽原さんらだ。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介