総合

百済観音クリアに - 法隆寺 展示ケース新調

新たな展示ケースに安置された「百済観音」=14日、斑鳩町法隆寺山内の法隆寺大宝蔵院 拡大

 斑鳩町法隆寺山内の法隆寺で、「百済観音」として知られる国宝・観音菩薩立像の展示ケースが新調され、同像が14日、ケース内に安置された。透明度が高く低反射の最新のガラスケースで、きょう15日から通常拝観できる。

 同像は飛鳥時代を代表する木彫像。像高209センチ。今年2月、東京国立博物館(東京都)の特別展に出陳するため23年ぶりに寺外に搬出された。新型コロナウイルス感染拡大の影響で特別展は中止となったが、会場で用いるために作られた展示ケースは寺で活用されることになっていた。

 ケースは高さ3・8メートル、幅2メートル、奥行き1・9メートル。高透過ガラスに低反射のコーティングを施し、反射率を約1%に抑えている。免震装置を備え、照明にはLEDのスポットライトを使用した。

 この日は、同像が境内の大宝蔵院に戻され、新展示ケースに収められた。その後、報道陣に公開された。

 古谷正覚管長代務者は「今までと違ってクリアに見ていただけるようになった。正面に立って拝ませていただくと心が洗われる思い」と話した。



▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メトロポリタン美術館展の招待券

プレゼント写真
提供元:主催者
当選者数:者5組10人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報