社会

県内各地で豪雨影響 - 十津川・野迫川で避難/土砂崩れで交通規制相次ぐ

剥がれたように傾いたコンクリート製の擁壁=7日、奈良市針町(県提供)
 活動の活発な梅雨前線の影響で、県内は7日、大気の状態が不安定となり、県南部を中心に激しい雨が降り続いた。奈良地方気象台によると、5日の降り始めから7日午後5時までの降水量は十津川村風屋で206ミリ、下北山村で150ミリなどとなった。

 十津川、野迫川の両村に土砂災害警戒情報が発令。野迫川村の215世帯359人には避難準備(高齢者等避難開始)の情報が出された。県防災統括室によると、十津川村で2世帯2人、野迫川村で1世帯2人が避難した。

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ