総合

2氏総力、最後の訴え - 前市政どう評価/宇陀市長選あす投開票

 市長失職に伴う宇陀市長選はあす28日、投開票される。立候補しているのはいずれも無所属で、前職の高見省次氏(60)と、新人で元県職員の金剛一智氏(63)=自民、国民民主、立憲民主推薦=の2人。ともに最後の訴えに総力を挙げている。

 5月の市議会臨時会で高見氏が2度目の不信任決議を受け、自動失職したことに伴う選挙。実績を強調し「市政改革」の継続を訴える高見氏と、市議会多数派の支援を受ける金剛氏が激突する構図となっている。2年2カ月の高見市政の評価を最大の争点に、老朽化が進む市保養センター「美榛苑(みはるえん)」の在り方など、今後のまちづくりも論点となる。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介