総合

早くもキキョウ - 元興寺で開花

早くも咲き始めたキキョウの花=23日、奈良市中院町の元興寺 拡大

 花の寺としても知られる奈良市中院町の元興寺で、秋の七草の一つ、キキョウの花が早くも咲き始めた。

 キキョウは、せき止めなどの作用のある生薬の原料で、日本や朝鮮半島、中国、東シベリアに分布するキキョウ科の多年生草本植物。同寺では、例年より10日ほど早く6月上旬に開花が始まり、石仏、石塔が並ぶ浮図田(ふとでん)で紫色の花を咲かせている。

 同寺によれば、今年は他の植物を植えて浮図田周辺の土壌を改良した。このため例年より花は少なくなりそうだという。

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

プロ野球・金子侑司選手の公式本

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介