社会

愛され続ける法隆寺を紹介 - 「ブラタモリ」案内役ら/王寺町歴史リレー講座

聖徳太子の斑鳩移住の理由などを語る平田さん=21日、王寺町久度2の町地域交流センターリーベルホール
 王寺町観光協会の歴史リレー講座「大和の古都はじめ」の臨時企画講座「ブラタモリ的法隆寺の見方」が21日、同町久度2丁目の町地域交流センターで開かれた。町民ら約140人が参加。斑鳩町教育委員会生涯学習課参事(考古学技師)の平田政彦さんと、王寺町地域交流課文化資源活用係長(文化財学芸員)の岡島永昌さんの聖徳太子にまつわる話に耳を傾けた。

 同リレー講座は、同センターで毎月1回実施。新型コロナウイルス感染防止で3月以降中止されていたが、臨時講座として再開された。講師の2人は、「なぜ法隆寺は1400年愛され続けるのか」とのテーマで放映されたNHKのバラエティー番組「ブラタモリ」で、平田さんが案内役を務め、岡島さんは番組制作に協力した。…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ