総合

近畿3府県で解除 - 病床や検査体制確保 大阪、京都、兵庫/緊急事態

 安倍晋三首相は21日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言に関し、大阪、京都、兵庫の近畿3府県で解除すると表明した。新規感染者数の増加に歯止めがかかり、病床数や検査体制の確保にめどが立ったと判断した。埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道は継続したが、解除の可否について25日にも専門家の評価を経た上で、今の状況が続けば解除も可能だと述べた。官邸で記者団に語った。解除は14日に続き2回目。対象から外れるのは計42府県となった。

 首相は近畿3府県について「感染状況、医療提供体制などについて専門家の評価をいただいた結果、解除することにした」と説明。抗原検査などによる検査体制の拡充、医療提供体制の強化などに触れ「次なる流行の波に対する備えについても、知事や自治体と連携しながら万全を期していきたい」と強調した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介