社会

桜井署と奈良交通榛原営業所 ボンネットバスで啓発 - マナー徹底をマイク放送/春の交通安全県民運動スタート

交通安全運動を知らせる横断幕を付けて出発するボンネットバス=桜井市三輪の桜井署 拡大

 春の交通安全県民運動が6日、始まった。運動は15日までで、子どもをはじめとする歩行者の安全の確保▽高齢運転者等の安全運転の励行▽自転車の安全利用の推進▽飲酒運転の根絶―を運動の重点としている。初日の6日は「子どもをはじめとする歩行者の安全の確保推進デー」に設定され、各地で啓発活動などが行われた。

 このうち桜井署(森田圭一署長)と奈良交通榛原営業所(舛田勝所長)は、同社所有の昭和40年代のボンネットバスを桜井、宇陀両市内で走らせて市民に交通安全を訴えた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介