社会

「疫病退散」願い届け - 巫女ら神楽舞う/水谷神社「鎮花祭」

神楽を奉納する巫女ら=5日、奈良市春日野町の水谷神社 拡大

 奈良市春日野町の春日大社の摂社、水谷神社で5日、疫病を封じを願う「鎮花祭」が営まれた。花山院弘匡宮司が新型コロナウイルス感染拡大阻止の祈念も込めた祝詞を奏上し、神楽の奉納が行われた。

 鎌倉時代の正応元(1288)年、神前にサクラの花を供えて疫病の流行を封じたのが始まり。今年は室町時代から春日大社の神職が続け、奉納されてきた「水谷狂言」が新型コロナウイルス感染拡大防止で中止された。

 神事では参拝者らが見守る中、花山院宮司の後に神職全員で祝詞を上げた。このあと同神社横の舞台では、巫女(みこ)が神職の箏(こと)や笛などの演奏で「神のます」「宮人」「千歳」の神楽を舞った。

 花山院宮司は「世界から新型コロナウイルスが退散し、すべてが通常に戻ることを強く祈願した」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

入園招待券

プレゼント写真
提供元:花の郷滝谷花しょうぶ園
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介