社会

天誅組が育む交流 - 「史跡公園」を整備 奎堂を顕彰、紹介板も/東吉野の松本さん

私費を投じて公園を整備し、郷土の歴史を語り継ぐ松本泰明さん=東吉野村鷲家 拡大

 文久3(1863)年に最初の武力討幕を企て、明治維新のさきがけになったとされる天誅組が、幕府軍と戦ってついえた東吉野村鷲家で、同地の林業松本泰明さん(77)が家族友人らの協力を得て「天誅組史跡公園」を整備した。誰でも自由に出入りできる広場で、村内外の交流を育んでいる。

 松阪市に至る国道166号沿いにある松本さんの私有地。総裁として天誅組を率いた一人、松本奎堂が紀州藩の銃撃で戦死した山中への登り口にあたり、奎堂の出身地、愛知県刈谷市の旧国民学校が昭和17年に石碑を建てていた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介