総合

ご飯を鳥獣にも - 生飯投げ/お水取り2020

生飯(さば)を投げる練行衆=5日、奈良市雑司町 拡大

 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ=お水取り)で行に励む練行衆(れんぎょうしゅう)の食事は正午ごろの1日1回。行の一環で食作法(じきさほう)と呼ばれる。

 参籠宿所に隣接した食堂(じきどう)に練行衆が集まると、大導師が中心になって人々の幸せを祈り、一汁二菜の食事が無言で進む。鳥獣のために練行衆が取り分けたご飯は生飯(さば)と呼ばれ、食堂を出る際、紙に包んで勢いよく投げる。

 待ち構えた鳥や鹿が早速相伴にあずかることもあり、厳しい行の合間のほほ笑ましいひとこまだ。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介