総合

飛鳥川の堤防 見えてきた春 - きょう啓蟄

啓蟄を前に満開となった河津桜の並木=橿原市四分町 拡大

 きょう5日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。春の訪れを感じ、土の中で冬眠していた虫たちが眠りから覚める頃とされる。

 橿原市四分町の飛鳥川堤防では、約30メートル続く河津(かわづ)桜の並木が満開となり、一足早い春本番。河津桜はソメイヨシノより赤みが濃いのが特徴の早咲き種。

 町中では、モクレンやサクラのつぼみも膨らみ、本格的な春の到来ももうすぐだ。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

戦後日本美術の展覧会の招待券

白髪一雄「貞宗」1961年 京都工芸繊維大学美術工芸資料館
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介