社会

「令和2年度着工」明言 - 説明会で仲川市長 ごみ少ない東側に/奈良市こどもセンター

 奈良市の仲川元庸市長は17日、今月末に予定されている3月定例議会の開会を控え、市議会議員を対象にクリーンセンター建設など「市政重要案件に係る状況説明」を庁内で開いた。このなかで同市柏木町の都市計画公園「柏木公園」を候補地とする「(仮称)子どもセンター」に関しては、昨年末の試掘に続き先月行ったボーリング(15カ所)による土壌汚染調査結果を明らかにしたうえで、地中のごみが比較的少ない東側を選び、令和2年度着工を明言。当初予定通り3年度開業に意欲に示した。

 公園敷地(約4・2ヘクタール)のうち、子どもセンターの建設が予定されているのは球技場などがある北側半分を除く南側。市長は「南の公園部分は木もうっそうと茂り、子どもが遊ぶ雰囲気ではない。多世代の人が交流できる場にしたい」と述べ、昨年12月に1カ所試し掘りした結果、「地下にごみの埋設が見つかった。以前コンポスト工場があり、ごみの範囲がどのように広がっている調べる必要がある」とした。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介