総合

有害物質、基準値超 - 市調査 地下「ごみ層」から/奈良市「子どもセンター」

 奈良市の仲川元庸市長が「市子どもセンター(仮称)」の建設候補地とする柏木公園(同市柏木町、市有地)の地下にごみの層が見つかった問題で、市が昨年行った試掘調査や1月のボーリング調査の結果、環境基準を超えるフッ素などの有害物質が検出されていたことが12日、市などへの取材で分かった。向井政彦副市長は「試掘の際、ごみの層で検出され、下の土壌は問題ないと聞いている」として、ごみの層が少ない敷地南東部分に施設を建設するなど、計画に影響が出ないよう進める考えを示した。

 市環境清美部(現・環境部)の事業概要によると、柏木公園の場所には、昭和40年3月、ごみを肥料化する市のコンポスト工場(日量50トン)が整備された。同47年3月には廃止されたが、昨年、市が公園内の1カ所を試験的に掘ったところ、地下にごみの堆積層が見つかった。これを受けて仲川市長は1月、園内南側の計15カ所でボーリング調…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介