社会

7年度に正倉院再現へ - 宝物レプリカなど展示/平城宮跡隣接地

 奈良市の平城宮跡歴史公園の隣接地に、県が正倉院を再現した施設の建設を計画していることが21日、分かった。県によると、施設は実物とほぼ同じ大きさを想定し、令和7年度末の完成を目標にしている。

 正倉院は、聖武天皇(701~756年)の遺品やシルクロードを経て大陸から伝わった宝物を収めており、現在は宮内庁が管理。高さ約14メートルで、横約33メートル、奥行き約9・4メートルの大きさで、平成9年には国宝に指定された。宝物は「正倉院展」として一般公開されている。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

マンモス展の招待券

「ユカギルマンモス」(頭部冷凍標本)特別重要文化財(ロシア連邦)
提供元:広報事務局
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介