総合

守られて見頃 - 当麻寺の冬ボタン/きょう大寒

大寒を前に、こもの覆いの中で花を咲かせる冬ボタン=葛城市当麻の当麻寺奥院 拡大

 20日は大寒。暦の上では1年のうちで寒さが最も厳しくなるころとされ、寒稽古などが行われる。

 大寒を前に、葛城市当麻の当麻寺奥院で、冬ボタンが見頃を迎えた。同寺によると、咲き始めは例年並みの昨年12月末ごろで、今が見頃。今月いっぱい楽しめそう。

 境内西側の浄土庭園を中心に約30株のボタンが赤や白、ピンクの花を順に咲かせる。国宝の東西両塔を背景に咲く花も。昨年秋から十月ザクラも花を咲かせており、境内は一足早い春の風景に。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大倉陶園100年の歴史と文化」展の招待券

貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作) 1935年 奈良ホテル蔵
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介