総合

市民「刑事告発を」 - 刑訴法239条2項 御所市に告発義務/ごみ不法搬入

 御所市のごみ不法搬入問題は、感染性の医療ごみの混入疑惑が拭えないため、市民から「刑事告発して実態解明を」とする声が出ている。市議の間にも「市長は刑事訴訟法239条の告発義務を果たすべきだ。議員の立場でも告発していきたい」とする動きがある。同市だけの問題ではなく、刑事事件となれば、これまで同じような事態を見過ごしてきた全国の自治体に波及し、同市の対応は全国のモデルケースとなりそうだ。

 刑訴法239条は「何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる」とし、2項で「官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない」と公務員の告発義務を定めている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「美神降臨」展開催で入館招待券

絹谷幸二「朝陽富嶽玉取り龍 不二法門」2019年 スティロフォーム ミクストメディア
提供元:絹谷幸二 天空美術館
当選者数:10組20人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介