総合

保健所が事情聴取 - 済生会御所病院に また医療系ごみ混入/御所市ごみ不法搬入

 御所市のごみ不法搬入問題で、県中和保健所高田出張所(松下員範所長)は15日までに、医療系ごみの混入が明らかになった同市三室の済生会御所病院(中山正一郎院長)を訪れ、詳しく事情を聴いた。病院側は感染性の医療ごみや医療系ごみなどの分別の状況を説明するにとどまった。同保健所は「恒常的であったか」「これまで感染性医療ごみの混入はなかったか」などの調査は行わず、形式的な指導だった。これを機に今後の対応が注目される。また新たに、同市柏原のエス・イー・イー(宮橋義之社長)が搬入したごみの中にも、医療系ごみが混入していたことが分かった。

 一連のごみ問題の中で、御所市の東川裕市長は、新年あいさつに訪れた同病院の中山院長から事情を聴いた。「一般ごみ、産業廃棄物となる医療系ごみ、感染性の医療ごみの分別を徹底するよう」指導したとし、ごみ投棄場所も同じ所ではなく「ごみの種類によって場所をそれぞれ離すように」と要望したという。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

海外旅行またはビスケットセット

プレゼント写真
提供元:全国ビスケット協会
当選者数:2280人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介