社会

「安心感」で評価の声 - 活動「見える化」 犯罪や事故防止/県警の巡回 メロディーパトロール

 メロディーを流しながら巡回するパトカーや白バイが安全・安心の地域づくりに活躍している。県警が全国に先駆けて始めた「メロディーパトロール」だ。活動を「見える化」するのが狙いで、県民からは「安心感がある」と評価する声が上がっている。ただ県警が昨年実施したアンケート調査では、認知度不足が課題に浮上しており、県警地域課の担当者は「地道に継続して認知度を上げていきたい」と話している。

 メロディーパトロールは、家の中にいても警察官がパトロールをしていることが分かるようにと、平成25年2月にスタート。パトカーや白バイで、子ども連れ去り被害防止ソング「いかのおすし一人前」のメロディー(オルゴール調)を流すとともに、特殊詐欺や空き巣など身近な犯罪や交通事故防止を呼び掛けている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山田姉妹ソプラノデュオコンサートの招待券

山田姉妹の山田華(左)と山田麗
提供元:学園前ホール
当選者数:3組6人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介