総合

県観光客微増4421万人 - 奈良エリアは減・消費額157億円増・宿泊客1・2%減少/平成30年

 県は平成30年の県観光客動態調査の結果をまとめ、公表した。同年に県を訪れた観光客(延べ数)は4421万人で、前年比1万人(0・03%)の微増にとどまったが、観光消費額は外国人宿泊客の消費増に支えられ、1786億円と前年より157億円(9・6%)伸びた。またアンケート調査を踏まえて推計した観光客の実数は2618万人(前年比6・9%増)、うち宿泊客は236万人(同1・2%減)だった。

 延べ観光客数は、県内の観光地点や行事など計273件を対象に、市町村が入り込み客数を調査、県が集計した。アンケート調査は主な観光地10地点で、季節ごとに計4回実施、3082人の回答を得た。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介