総合

今年も「福」を - 南市恵毘須神社で初戎/奈良

参拝者に吉兆ササを授与する福娘=5日、奈良市南市町の南市恵毘須神社 拡大

 奈良市南市町の南市恵毘須神社で5日、招福と商売繁盛を願う初戎(えびす)が行われ、終日、大勢の参拝者でにぎわった。

 地元自治会などでつくる同町戎講が4日の宵宮から開催。縁起物を付けた吉兆ササ約3千本を用意し、地元の大学生ら6人の福娘が参拝者に授与した。

 昨春、同町自治会の会長に就いた棚田喜久男さん(67)は「(初戎を切り盛りする役目は)簡単に交代出来るものではないので、長く務められるよう、健康に注意したい」と話した。

 猿沢池に近い繁華街の一角に建つ同神社は春日大社(同市春日野町)の末社で、事代主命を祭る。鎌倉時代に市場の守護神として建立されたという。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介