経済

72%で法令違反 - 違法な時間外労働や残業代不払いなど/奈良労働局の県内163事業場監督指導

 奈良労働局が23日までに発表した、平成30年度(30年4月~31年3月)の長時間労働が疑われる県内の163事業場を対象に実施した監督指導結果によると、全体の72・4%の118事業場で労働基準関係法令違反が確認された。主な違反内容(重複含む)は、違法な時間外労働(81事業場)、賃金不払い残業(21事業場)、過重労働による健康障害防止措置の未実施(21事業場)などでいずれも製造業がトップ。中小企業の多い県内事業者の同関係法の未認知が一因と考えられる状況であることも分かった。

 違法な時間外労働では、時間外や休日労働時間が月80時間を超えるものが71事業場、月100時間超が49事業場、月150時間超が9事業場、▽月200時間超が1事業場だった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介