経済

障害者と作る特産品 - 施設利用者ら 袋詰めなど丁寧に/奈良の販売会社「チアフル」が依頼 大和トウキの入浴剤

原材料の大和トウキの苗を植え付ける作業=高取町市尾 拡大
施設利用者の丁寧な手作業で完成する入浴剤=宇陀市榛原高萩台の「ITセンター榛原」 拡大

 県を代表する薬草の大和トウキを使った入浴剤を、地域特産品の企画・販売会社「チアフル」(奈良市、松本梓代表)が開発し、約3年前から販売している。原材料の栽培や製品化の作業は県内の福祉施設に依頼。障害者と共に地域産品を生かしたものづくりに取り組んでいる。

 入浴剤のブランド名は「jiwajiwa(じわじわ)」。無農薬の植物にこだわり、「吉野ひのき」や「びわの葉・ドクダミ」など5種類の商品を開発。その中の大和トウキは冷え性に効果のあるとされるヨモギを配合している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山本二三展の招待券

天空の城ラピュタ「荒廃したラピュタ」 1986年 (C)1986 Studio Ghibli
提供元:佐川美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介