総合

パワーを人々に - 大神神社で縁起物準備/2019 師走

正月を前に縁起物の調製に追われる巫女の姿=10日、桜井市三輪の大神神社 拡大

 桜井市三輪の大神神社は日本最古の神社のひとつとして知られ、最近はパワースポットとして多くの人が参拝に訪れている。

 同神社では、正月三が日だけで50万人以上の参拝者があるといい、多くの参拝者に向け、同神社の勅使殿では巫女による縁起物の調製が最盛期に。

 同神社が用意する縁起物は、破魔矢小サイズが1万5000本、同大サイズ5000本など7種、約2万5000点以上の品を調製する。勅使殿では白衣に緋袴姿の巫女が、縁起物を白紙でくるんだり、福矢に絵馬を結びつけるなど、作業に追われていた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介