社会

「玄武」など一般公開へ - 明日香で来年1月18日から/キトラ古墳・高松塚古墳壁画

一般公開されるキトラ古墳壁画の北壁「玄武」(文化庁提供) 拡大

 極彩色壁画で知られる、国宝キトラ古墳壁画(7世紀末~8世紀初め)と国宝高松塚古墳壁画(同)が、来年1月18日から明日香村で一般公開される。

 キトラ壁画の公開は2月16日まで。場所は同村阿部山の「キトラ古墳壁画体験館 四神の館(しじんのやかた)」内で。四神図の一つ「玄武」が描かれた北壁を展示する。1月29日と2月5日は閉室。2月7~16日は同館内で、天井「天文図」にちなんだプラネタリウムも同時開催する。

 高松塚壁画の公開は1月24日まで。場所は同村平田の仮設修理施設で。西壁と東壁それぞれの「女子群像」「男子群像」、北壁の「玄武」を並べる。

 両壁画とも見学無料。それぞれの公開事務局ホームページで事前申し込みを受け付けている。第1次応募受付期間は12月15日まで。往復はがきも可(当日消印有効)。第1次応募で定員に達しなかった場合は第2次応募を受け付ける。

 問い合わせはキトラ壁画の公開事務局、電話06(6281)3060、高松塚壁画の公開事務局、電話06(6281)3040。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介