社会

古代衣装まとい 議案審議 - 日本初の本格都城「藤原宮跡」アピール/橿原市会 開会

古代衣装姿で所信表明を述べた亀田市長(中央)=6日、橿原市議会本会議場(市提供) 拡大

 橿原市議会の12月定例会は6日開会。市議や亀田忠彦市長、市職員らが古代衣装姿で出席し、世界遺産登録を目指す日本初の本格的都城、藤原宮跡をアピールした。

 日本書紀によると、持統天皇8(694)年12月6日、飛鳥の地から藤原京に遷都したとある。市議会は平成22年からこの日を12月定例会初日に設定し、出席者は古代衣装を着用して本会議を開催している。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「みやびの色と意匠」展の招待券

「狩衣 紫地鶯丸文様」江戸時代(19世紀)
提供元:奈良県立美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介