考古学

考古学ファン 熱心に見学 - 国内最大の円墳 現地説明会に600人/富雄丸山古墳

石敷きや円筒埴輪が現れた「造り出し」を見学する参加者=11月30日、奈良市丸山1の富雄丸山古墳 拡大

 墳頂部から中国製の銅鏡「斜縁神獣鏡(しゃえんしんじゅうきょう)」の破片が見つかった国内最大の円墳「富雄丸山古墳」(奈良市丸山1丁目、4世紀後半)で11月30日、現地説明会があり、調査した市教育委員会が成果を説明、約600人の考古学ファンが訪れた。

 昨年度までの調査で、「造り出し」と呼ばれる張り出しの付いた直径約110メートルの円墳と判明。今年10月から行われた第3次調査で、造り出し部を覆う石敷きや円筒埴輪のほか、三角縁神獣鏡のモデルになったとされる斜縁神獣鏡の破片が見つかった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介