社会

平城宮跡歴史公園で社会実験を開始 - 新たなモビリティーサービスへ

最新技術を用いた自動運転車=29日、奈良市の平城宮跡 拡大

 NTTドコモ関西支社は29日、奈良市の国営平城宮跡歴史公園で、新たなモビリティーサービスの社会実験を開始した。自動運転車▽パーソナルモビリティー▽シェアバイク―の3種類の移動手段を用意。利用状況を収集、分析して、今後の「スマートシティー」実現などに役立てる。自動運転車は12月1日(事前予約が必要)まで、パーソナルモビリティーと園内シェアバイク(当日申し込み)は同12日まで利用できる。時間は午前10時から午後5時まで。

 自動運転車は、自動運転システムの開発などを手掛けるベンチャー企業「ティアフォー」が開発した「マイリー」。4人乗り(実験ではオペレーターとガイドが同乗するため、乗客定員は2人)で、最高時速は19キロ。決まったコースを自動走行するほか、障害物との衝突も回避する。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ポケット付きランドセルカバー

プレゼント写真
提供元:Genoa
当選者数:写真下=2人、写真上=各1人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介