総合

両陛下ご来県 - 沿道6700人が歓迎/即位後初

即位後初めて来県された天皇陛下と皇后陛下=26日、橿原市久米町の近鉄橿原神宮前駅前 拡大

 天皇皇后両陛下は26日、即位礼と大嘗祭(だいじょうさい)を終えたことを神武天皇山陵(橿原市)に報告するため、来県された。即位後の来県は初めてで、平成29年9月の国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭の開会式以来、およそ2年ぶり。県によると、近鉄橿原神宮前駅周辺や沿道などに県民ら約6700人が集まり、両陛下を出迎えた。

 両陛下は午後4時20分ごろ、京都駅からの近鉄臨時専用列車で橿原神宮前駅に到着。ホームでは荒井正吾知事や地元の亀田忠彦橿原市長らの出迎えを受け、一人一人に笑顔で声を掛けられた。

 駅構内や駅前のロータリーは奉迎者で埋め尽くされ、「天皇陛下万歳」と叫ぶ人も。両陛下も手を振るなどして応えられた。

 両陛下は同駅から橿原神宮など約4・5キロを周回して宿泊先のホテル「ザ・カシハラ」に到着。ホテル前で振り返って奉迎者に手を振られた後、ロビーで西川明彦宮内庁正倉院事務所長や中宮寺の日野西光尊門跡らの出迎えを受け、笑顔を交わされた。

 きょう27日は橿原市の神武天皇山陵で「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれ、即位礼と大嘗祭を終えたことを報告される。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介