社会

自宅で手軽に人気店の“味” - 釜だしがゆ レトルト商品化 曽爾米の生産増期待も/曽爾米×「志津香」の特製だし

志津香の特製だしと曽爾米を使ったレトルト食品「釜だしがゆ」(曽爾村農林業公社提供) 拡大

 奈良市の老舗釜飯店「志津香」の釜飯用の特製だしと曽爾米を使ったレトルト食品「釜だしがゆ」が、同店などで販売されている。人気釜飯店の味を自宅で手軽に味わうことができ、人気を集めそうだ。

 地方創生プロジェクトの一環として、曽爾村農林業公社と志津香が、レトルト米飯製造のノウハウを持つ米穀店「幸南食糧」(大阪府松原市)の協力を得て商品化した。志津香の店舗で提供される釜飯と同じ鶏ガラベースの特製だしを使っている。電子レンジでの温めのほか、常温でも食べられる。1人前400円(税別)。

 釜だしがゆは、志津香の大宮店(奈良市大宮町)と公園店(同市登大路町)の2店舗のほか、曽爾高原ガーデンファーム(曽爾村太良路)や、曽爾村農林業公社のオンラインショップ「そにのわ」でも販売している。

 志津香の小浜絵里マネジメントチーフは「奈良の地方を応援したい。志津香の味を気軽に楽しんでいただければ」と呼び掛ける。

 曽爾村農林業公社の担当者は「(釜だしがゆの販売を通して)曽爾米の生産者の所得拡大や後継者の育成につなげたい」と話す。

 売り上げの一部は、曽爾高原の保全や育成活動に充てる方針。百貨店などでの販売や、ふるさと納税の返礼品としての提供も予定している。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カスタムカーイベントの招待券

昨年の「大阪オートメッセ2019」の会場風景
提供元:オートメッセ事務局
当選者数:10組20人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介