社会

歴史資源活用へ - 協働連携協定を締結/奈女大と大淀町

協定を結んだ今岡学長(右)と岡下町長=18日、大淀町桧垣本の町役場 拡大

 奈良女子大学と大淀町は18日、歴史資源の活用や地域活性化に向けた協働連携協定を結んだ。同大は昨年3月、紀伊半島などをフィールドに学問の垣根を超えた研究を行う「大和・紀伊半島学研究所」を設立。今後、大淀を含む吉野地域の郷土史家らへの支援などを行う。

 「大和・紀伊半島学研究所」には、同大の「古代学・聖地学研究センター」「共生科学研究センター」「なら学研究センター」の3機関が所属。これまで各機関がそれぞれ行ってきた人文科学、自然科学、社会科学といった学問を横断的に研究し、成果を社会課題の解決につなげる。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介