社会

古代の遺物みつけた! - 富雄丸山古墳で剣の破片など/親子19組が発掘調査体験

削った土をふるいにかけて遺物を探す参加者=17日、奈良市丸山1の富雄丸山古墳 拡大

 奈良市丸山1丁目の富雄丸山古墳(4世紀後半)で17日、小中学生(小学4年生以上)を対象にした発掘調査体験が行われた。

 親子計19組38人が参加し、熱心に古代の遺物を探した。

 同古墳は直径約109メートルの日本最大級の円墳。古墳や文化財への関心を高めてもらおうと、同市埋蔵文化財調査センターが開いた。

 埋葬施設があった墳頂で午前と午後の2回、各2時間実施した。参加者は手ガリと呼ばれる道具で削った土を何度もふるいにかけて、剣の破片とみられる鉄製品などを見つけた。

 同センターの永野智子主務は「古墳を発掘できる機会はほとんどない。自分で遺物を発掘して歴史をじかに感じてほしい」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介