総合

荘厳「太平楽」 - 春日大社で奉納

舞楽「太平楽」を奉納する楽人=14日、奈良市春日野町の春日大社 拡大

 14日に始まった「大嘗祭」(だいじょうさい)の中心儀式「大嘗宮の儀」に合わせ、皇室とゆかりの深い奈良市の春日大社で同日、舞楽「太平楽」が奉納された。平成2年の上皇さまの天皇即位時にも奉納された特別な舞楽で、参列者約100人が見守った。

 舞楽奉納に先立ち、花山院弘匡宮司が、皇室の安泰や国の平安を祈った。その後、古代中国の甲冑(かっちゅう)をモデルにしたきらびやかな装束の楽人4人が、太刀を抜き、鉾(ほこ)を振る勇壮な舞を奉納した。

 参列した公認会計士の南幸治さん(61)=香芝市=は「心が清められた。舞楽も荘厳で品格があった」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介