社会

葛城などで「ひょう」降る

葛城市当麻の当麻寺奥院中庭に降った直径2センチ大のひょう(川中教正副住職撮影) 拡大

 11日午前11時ごろ、葛城市などでひょうが降った。当麻寺奥院の川中教正副住職は、その様子を撮影し、SNSでも発信した。川中副住職は「北側から横殴りに5分ほど降った。大きいものは直径2センチぐらいあり、障子が破れないかと心配したが、幸い被害はなかった」と話している。

 奈良地方気象台は、日本海に中心を持つ低気圧から延びる寒冷前線が同時刻に県内を通過中で、降雹してもおかしくない気象条件だったとする。同気象台には橿原市や桜井市の一般の人からもひょうに関する情報提供があったらしい。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

バレーボールチームのカレンダー

プレゼント写真
提供元:日本たばこ産業
当選者数:10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介