スポーツ

天理5年ぶりの栄冠 - 大阪桐蔭下す/秋季近畿地区高校野球

優勝を喜ぶ天理ナイン=佐藤薬品スタジアム 拡大
【決勝・天理―大阪桐蔭】天理は六回、二死1、2塁から3点弾を放ち本塁に戻る山元=佐藤薬品スタジアム 拡大
七回まで1失点3被安打で力投し、八回で交代した天理の先発・達=佐藤薬品スタジアム 拡大

 2019年度近畿地区高校野球大会最終日は4日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで決勝を行い、天理(奈良3位)が12―4で大阪桐蔭(大阪1位)を下し、5年ぶり9回目の優勝を果たした。天理は14日から行われる明治神宮大会に近畿地区の代表として出場する。

 天理は16安打の猛攻で大阪桐蔭を沈めた。天理の初回、3番・河村が2点本塁打を放ち先制。六回には二死2塁から田中輝、達、下林の連続安打で2点を追加し、さらに山元の左本塁打で3点を上乗せした。七回には瀬の単独打、九回には打者9人で4点を挙げ大阪桐蔭の勢いを完全に抑え込んだ。 

 大阪桐蔭は西野の本塁打で1点を返した初回以降は、天理の先発・達に散発3安打で封じられ、八回には3点を追加し天理を逆転圏内に捉えるも、継投した天理のエース・庭野に抑えられた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

オリジナルメモカレンダー

プレゼント写真
提供元:LIXIL
当選者数:15人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介