社会

本堂修復完了祝う - 生駒市長ら参列/長福寺で落慶奉告法要

修理が完了した本堂内で法要を営む僧侶=22日、生駒市俵口町の長福寺 拡大

 生駒市俵口町の長福寺(大矢実円住職)で平成24年から行われていた、本堂(国重要文化財)の解体修理など一連の工事がすべて完了し、22日に同寺で落慶奉告法要が営まれた。同市の小紫雅史市長や同寺信徒、関係者ら約50人が参列。奈良新聞社の田中篤則社長も駆け付け、修復、整備事業の無事完了を祝った。

 今回の解体修理に伴う調査では、鎌倉時代の僧の叡尊による復興の寺伝が、瓦や石材の年代と合致することが判明。前身の仏堂が存在した可能性も浮上するなど、建築史はもとより、考古学や美術史を含む総合的調査成果として今後の研究が注目されている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

映画「ワイルド・スピード」最新作の映像ソフト

プレゼント写真
提供元:ビデオの日実行委員会
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介