経済

かぼちゃジェラート 道の駅大和路へぐりでどうぞ - 近畿大×平群町×企業 共同開発

「へぐりっこ(R)」を販売する池本さん(右)と川井貴央さん=11日、平群町平等寺の道の駅へぐり 拡大

 近畿大学農学部の学生が11日、平群町や手作りイタリアンジェラート販売の「テンダーボックス」(同町、華田宗孝社長)と昨年共同開発したカボチャジェラート「へぐりっこ(R)」を、同町平等寺の道の駅大和路へぐりで数量限定で販売を始めた。

 同大と同町は平成25年、アグリビジネス実習に関する業務委託契約を締結。同町内の実習圃場で学生がコメや野菜を生産し、同道の駅などで加工品とともに販売している。

 ジェラートの材料のカボチャ(品種ロロン)は8月に収穫し、学生が中身を取り出してペースト状に加工。昨年に続いて同社が商品化し、ほんのり甘いカボチャ味に仕上げた。

 商品は同道の駅(カップ入り100ミリリットル、税込み324円、限定80個)のほか、同社直営のイタリアンレストラン「mamma」(テイクアウト同420円、店内飲食同428円)で販売。いずれも売り切れ次第販売終了となる。

 同日、商品販売を行った同大3年の池本真優さんは「ペーストの量が少なく不安だったが、無事商品化されうれしい。実習経験を生かし、将来は農家の悩みを解決できる仕事をしたい」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

映画「ワイルド・スピード」最新作の映像ソフト

プレゼント写真
提供元:ビデオの日実行委員会
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介