総合

天高く柿実る - きょう寒露

きょうは二十四節気の一つ寒露。収穫の済んだ柿の木は晩秋の風情に=天理市萱生町の柿畑で 拡大

 きょう8日は二十四節気の一つ寒露(かんろ)。暦の上では秋が深まり、露が寒さで凍り始めるころとされる。このころは、夏鳥と冬鳥が入れ替わり、紅葉し始めたりキクなどの花が咲くころでもある。

 寒露を前に、刀根早生発祥の地、天理市萱生町の柿畑で刀根早生の収穫が最盛期に。東京都内はもとより、最近では沖縄県でも高い評価を受ける同地区の柿。今年から、香港にも出荷が始まり国際的な味に成長した。収穫の進んだ木では実も葉も少なく、晩秋の風情となっていた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介