経済

「大和の酒」で乾杯 - 奈良で県酒造組合がPR

日本酒で乾杯する組合関係者や市民ら=1日、奈良市の近鉄奈良駅前 拡大

 県酒造組合(倉本嘉文会長)の日本酒PRイベント「全国一斉・日本酒で乾杯―清酒発祥の地 大和のうま酒で乾杯」が1日、奈良市の近鉄奈良駅前行基広場で開かれた。鏡開きや振る舞い酒、地元の28蔵元の日本酒試飲などが行われ、約600人(主催者発表)の市民らが大和の酒を味わった。

 昭和53年、日本酒造組合中央会が同日を「日本酒の日」と定めたことにちなむ全国統一の企画。奈良は、室町時代に正暦寺(同市)で酒が盛んに造られ「清酒発祥の地」を掲げていることや、大神神社(桜井市)が酒の神として信仰を集めることなどから特に力を入れている。

 イベントの冒頭、倉本会長は「奈良の酒のおいしさを発信していただきたい」とあいさつ。村井浩副知事は奈良と酒のゆかりを紹介した。このあと関係者らが威勢よく鏡開きを行い、粟田哲夫大阪国税局酒類業調整官の発声で乾杯した。

 奈良市の畭幹雄さん(73)は「友だちに誘われてきた。奈良の地酒はおいしい」と笑顔を見せた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「円山応挙から近代京都画壇へ」の招待券

重要文化財「松に孔雀図」(全16面のうち4面)円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵 通期展示
提供元:京都国立近代美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介