総合

震災思う青い花 - 福島から譲り受け/喜光寺 ミズアオイ

青くかれんな花を咲かせるミズアオイ=奈良市菅原町の喜光寺 拡大

 奈良市菅原町の喜光寺(山田法胤住職)で、福島県南相馬市から種を譲り受けた一年草「ミズアオイ」が青くかわいい花を咲かせている。

 「ミズアオイ」は水葱(なぎ)とも呼ばれ、万葉集にも歌われる。近年まで各地でよく見られたが、除草剤などの影響で減少。現在は国の準絶滅危惧種に指定されている。東日本大震災の津波で地表が削られ、休眠していた種が発芽したという。

 小林澤應(たくおう)副住職(52)は、「花を見ていただき、東北の震災を忘れないようにしてもらえたら」と話す。

 見頃は今週末ごろまで。花が咲くのは午前中。拝観は午前9時から。本尊・阿弥陀如来坐像の解体修理のため28日まで拝観無料。問い合わせは同寺、電話0742(45)4630。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介