総合

全員の思い、折り鶴に - 「思い出を」生徒会が発案/平城高 3学年そろう最後の文化祭

全校生徒が作った折り鶴で完成した巨大な折り鶴アート=5日、奈良市朱雀2丁目の県立平城高校 拡大

 奈良市朱雀2丁目の県立平城高校(森田好博校長)の文化祭「平城山(ならやま)祭」がきょう6日と7日に開かれる。同校は県立高校再編の一環で令和4年3月に閉校することが決まっており、3学年そろっての文化祭はこれが最後。本年度は開校40周年の節目の年でもあり、記念になる思い出を残そうと、全校生徒が協力して巨大な折り鶴アートを制作した。作品は体育館に設置され、文化祭が地域住民に開放される2日目の7日に一般公開される。

 折り鶴アートは縦5・4メートル、横8・1メートルと巨大。1クラス約1800羽の折り鶴を貼り付けたコンパネ(縦1・8メートル、横90センチ)を全クラス分、計27枚組み合わせて、「HEIJO」や「40th」の文字とともに、校舎を浮かび上がらせた。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介