総合

闇に浮かぶ遺産 夜も産を - 奈良公園などライトアップ

ライトアップで浮かびあがる金剛力士像など=奈良市雑司町の東大寺南大門 拡大

 奈良公園など奈良の夜をふんわりと、ほんのりと照らすライトアッププロムナード・なら2019が行われている。

 ライトアップされるのは春日大社一之鳥居、興福寺五重塔、東大寺(大仏殿、中門、南大門)、奈良国立博物館本館、仏教美術資料研究センター、猿沢池、浮見堂、平城宮跡第一次大極殿、朱雀門、薬師寺の合わせて10カ所。世界遺産や歴史的建造物が夜の闇に美しく浮かぶ。

 このイベントの期間中だけライトアップされる奈良市雑司町の東大寺では、ライトに照らされた南大門の金剛力士像が白く浮かび上がり、昼間とはまた違った光景に。親子連れや友人同士など多くの観光客が夜の奈良を散策していた。ライトアップは29日までで、9月中は午後6時から同10時まで。施設などの夜間入場はできない。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介