考古学

古代祭祀場に驚き - 現地説明会に1400人 流水施設、間近に/飛鳥京跡苑池

現地説明会で流水施設を見学する参加者=10日、明日香村岡の飛鳥京跡苑池の北池 拡大

 水のまつりに伴うとみられる流水施設が見つかった、明日香村岡の飛鳥京跡苑池(7世紀、国史跡・名勝)で10日、県立橿原考古学研究所が現地説明会を開いた。県内外から約1400人が参加。当時の姿がそのまま残る大規模遺構に驚きの声を上げた。

 同苑池は飛鳥宮跡の北西に隣接し、日本初の本格的な宮廷庭園とされる。南池は宴会を開くなどした観賞用の池とみられているが、今回、北池の北東隅から石組みの升や溝、石敷き、階段状遺構などで構成する流水施設が検出された。亀形石造物で知られる酒船石遺跡(同村岡)と構造が類似し、王権に関わる水祭祀(さいし)の場だったと考えられている。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介