社会

絶景の中で「愛」深めて - 「恋人の聖地」に 「悠久の鐘」台座に銘板も/王寺・明神山自然の森公園

恋人の聖地の銘板が取り付けられた悠久の鐘を鳴らす正木さん(左)と溝口さん=7日、王寺町畠田の明神山 拡大

 王寺町畠田の明神山自然の森公園がNPO法人「地域活性化支援センター」の「恋人の聖地」に選ばれ7日、同所で銘板の除幕式や大学生による大声コンテストを行なった。

 県内で認定されるのは「歴史と愛の町 屯倉」(三宅町、平成26年)に次いで2番目。全国で137カ所が選ばれている。

 同町は展望台に設置されている「悠久の鐘」の台座に銘板を設置。平井康之町長や中川義弘町議会議長、町観光広報大使の雪丸らが除幕した。

 平井町長は「プロポーズや縁結びのきっかけになり、少子化対策に一役買ってほしい。素晴らしい眺望も楽しんでほしい」とあいさつした。

 この日は同町が連携協定を結ぶ3大学の学生による大声コンテスト「恋人の聖地で『愛を叫ぶ』」も開かれ、優勝した白鳳短大2年の溝口純平さん(19)と同、正木沙苗さん(19)のカップルは「学校のすぐ近くに聖地ができ、眺望もいいので、また2人で訪れたい」と話していた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

全日本総合エアロビック選手権大会のTシャツ

プレゼント写真
提供元:スズキ
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介